食べることのストーリー

食べることのストーリーのコンテンツでは、
・無農薬有機野菜セットの通販や宅配について
・有機栽培について
・食卓や健康に関すること
など、園主が農家としての目線で考えることを日々記しております。

現代ではコンビニやファーストフード店などが拡大し
いつでも、どこでも、手軽に食べることができるようになりました。
あれこれ考えずに「食べたいときに食べたいものを食べたい」とも思いますが
その日々繰り返される「食べること」について見つめます。

人や物などにストーリーがあるように「食べること」にもストーリーがあると思います。

食べもの背景

手元にある食材は、降って湧いたわけではありません。
どこかで、誰かが、ある思いを持って生産したものです。

昔は、「これはどこで誰がどんなふうに作ったもの」
というのが把握できる範囲でした。
例えば、
「田舎のおじいちゃんが自分の畑で孫たちのために無農薬で育てた野菜」といったように。
これが、安心につながっていたのだと思います。

しかし、今は、生産や流通などに関わる科学技術が発達し飽食の時代になり
「どこかの国で作られた食材が、誰かの手で加工され、日本に輸入された後に自分の口に入る」
ということもあります。

今の時代は「食べモノの背景とのつながりが薄く不透明」になりました。
そのため食品偽装、健康被害などの問題が現れてきたのだと思います。

その昔ながらのカタチ、関係性というものを、
現代の技術をうまく利用してもう一度築いていきたいと考えております。
それが「無農薬有機野菜セットを通販や宅配」を自分一人で行うというカタチにつながっています。

人は食べたものでできている

食べたものの栄養素は体内に取り込まれ、その他のものは尿や便として排出されます。

食べたものを”消化する”とよく言いますが、「所有する」という言葉に置き換えても良いと思います。
なぜなら、
「食べたものが血液を作り、血液が細胞を作り、
細胞が内臓を作り、内臓が全身を作る」
というように
人の身体、そして思考を作るからです。

とは頭で考えるものの、自分自身も頭で考えるよりも
「美味しい」、「食べたい」と思って感覚的に食べたいなと思いますので、
読者の皆さまにもそうやって食べていただけるような
無農薬有機野菜セットをお届けしたいと思っています。

「食べることのストーリー」のコンテンツの中の一つでも、
読者の方のお役に立てていれば幸いです。

園主より

 

NOEN5|農家直送の無農薬有機野菜セット|九州宮崎県高千穂町
タイトルとURLをコピーしました