百人百様の有機栽培

百人百様の有機栽培

実は「ストライクゾーンが結構広い」有機野菜の栽培

とっても美味しい野菜とは、何でしょう? 私は、無農薬の有機栽培で理論(仮説)と栽培方法(実践)がばっちり合わさったときに、とっても美味しい野菜に育つと考えています。 イメージとしては、野球で、ピッチャーがボールを投げてキャッチャーがミッ...
個人の有機農家から通販・宅配する

まずは栽培理論を語れる有機農家か?野菜セットの通販で宅配する前に

収穫時の軽トラの様子 無農薬野菜や有機野菜の通販を個人の有機農家から検討するときに、どのようなことを優先されるでしょうか? 自分の住んでいる地域から近い有機農家自分とほぼ同年代くらいの有機農家経験年数の長い有機農家野菜セットに...
百人百様の有機栽培

虫食いのある無農薬野菜は美味しいってホント?

虫食いのある野菜は、 虫が食べるほどの「美味しい野菜」の証 虫が食べていない野菜よりも「美味しい」 って聞いたことありませんか? 特に、年配の方から聞くことが多いのではないでしょうか? 虫食いがあると「...
百人百様の有機栽培

「朝採れ」が美味しい?旬の野菜は収穫でも理に適っている

野菜の「美味しさ」を大きく左右するポイントとしては、 旬 品種 栽培方法 鮮度 が挙げられます。 今回は「鮮度」について。 どんなに高品質の野菜を育てたとしても、収穫してからの時間が経過すれ...
百人百様の有機栽培

有機野菜の肥料といえば、たい肥?根本的に大事な肥料って?

ヒトが健康に育つようにと考えたとき、食事で意識するのは、 ご飯 主菜 副菜 をバランスよく取る、言い換えれば、栄養をバランスよくとる、 ということが大事です。 次に、野菜を「無農薬、かつ、有機...
百人百様の有機栽培

野菜は太陽エネルギーのかたまり_有機栽培で無農薬野菜を育てる理由~その4~

2017年から2018年にかけての冬は、とても寒い。 東京では48年ぶりとなる氷点下‐4℃を記録したそうですね。 ここ九州、宮崎はよく南国といわれますが、高千穂町は最低気温が氷点下の毎日。 今年の冬は雪が何回積もったことか。 ...
百人百様の有機栽培

慣行栽培でも自然栽培でもなく「有機栽培」で無農薬野菜を育てる理由~その3~

なぜ無農薬野菜を育てるために「有機栽培」を実践しているのか。 ・慣行栽培でもなく自然栽培でもなく「有機栽培」で無農薬野菜を育てる理由 野菜にとって「炭水化物」が健康的で美味しくなるための鍵である、という内容。 ・慣行栽培でもな...
百人百様の有機栽培

慣行栽培でも自然栽培でもなく「有機栽培」で無農薬野菜を育てる理由~その2~

慣行栽培でもなく自然栽培でもなく「有機栽培」で無農薬野菜を育てる理由 の続きです。前回の記事では、 「慣行栽培や自然栽培、有機栽培」などの栽培方法の種類がたくさんある中で、 なぜ有機栽培で栽培しているのか、その概要をお伝え...
百人百様の有機栽培

慣行栽培でも自然栽培でもなく「有機栽培」で無農薬野菜を育てる理由

農法には色々あります。 大別すると、 慣行栽培 有機栽培 炭素循環農法 微生物農法 バイオダイナミック農法 自然栽培、自然農法 など、他にも多数。 細かく見ていくと、さらに枝分かれします。 それぞれの農法・栽培を発展させた方々の功績は...
百人百様の有機栽培

硝酸態窒素は悪いもの?それは有機農家次第で決まる

”硝酸態窒素”の話を知っていますか? 野菜に含まれる硝酸態窒素の量が多いと人体に吸収されるときに ”硝酸→亜硝酸→ニトロン化合物(発がん性物質)”になってしまう という記事を読まれた方もいらっしゃるんではないでしょうか? ...
タイトルとURLをコピーしました