有機野菜が美味しくて健康的という研究結果からの「再考」

おいしい生活
有機野菜(無農薬野菜)セット

当園の無農薬無化学肥料で育った有機野菜

2014年の7月に、イギリスの科学雑誌
「ブリティッシュ・ジャーナル・オブ・ニュートリション(BJN)」に、
有機栽培の野菜は従来の農薬を使用する栽培の野菜に比べて
いくつかの点で栄養的に優れている”という研究結果が掲載されました。

この研究が示した結果は大きく二つ。
一つ目は、
有機野菜は農薬を使用する栽培の野菜に比べて、
抗酸化物質が18~69%多く含まれているということ。

二つ目は、
抗酸化物質の濃度が高いと、食物がもつ人間の感覚器を刺激する性質
(味、香り、舌ざわりなど)が変化し、またわれわれが食物独自の味わいを
感じ取る感覚にも影響を与えるということ。

この論文は、無農薬無化学肥料で有機野菜を栽培する私自身にとって嬉しい結果です。
この結果から農家直送で有機野菜を宅配する農家に必要なことを再考しました。
参考になれば幸いです。

一つ目の有機野菜が「健康的」という結果について

一つ目の結果をもう一度記載すると
「有機野菜は農薬を使用する栽培の野菜に比べて、抗酸化物質が18~69%多く含まれている」

まず抗酸化物質というのは、読んで字のごとく「酸化に抗う物質」。
人が吸った空気の酸素の中でエネルギーに使用されなかった酸素は酸化してしまいます。
金属で考えれば、さびついた状態と考えていただくと分かり易いかと思います。

つまり、「体内がさびないように抗う物質」を有機野菜は多く含んでいるということです。

有機栽培では、従来の農法で広く普及している化学農薬は使われません。
さまざまな害から守ってくれる農薬がないということで、有機栽培の野菜は、
みずから抗酸化物質と呼ばれる化合物をより多く作り出し、自身の体を守ります。
その野菜を人間が食べたとき、抗酸化物質は、今度はわれわれの体を守ってくれる
ということになります。

では、
その抗酸化物質が18~69%多いということに関して考えてみると、
有機栽培を実践する各有機農家によって結果が異なるということがいえます。
※1.この研究では343本の論文を分析し結論を導き出していることからデータ量としては十分。
※2.個々のデータがどのように分布していて、どの部分が多いかはわからない。

もちろん、農業は栽培する地域、気候、天候、など同一条件で有機農家が
栽培するということは不可能なので幅が出ることは当たり前ですが、
有機栽培という大きな枠の中でも各農家自身の栽培理論、栽培管理方法などで
結果が変わるということです。

無農薬野菜・有機野菜の宅配は農法よりも農家で選んでみる

二つ目の有機野菜が「おいしい」という結果について

二つ目の結果をもう一度記載すると、
「抗酸化物質の濃度が高いと、食物がもつ人間の感覚器を刺激する性質
(味、香り、舌ざわりなど)が変化し、またわれわれが食物独自の味わいを
感じ取る感覚にも影響を与える」

この文章では、「おいしい」という言葉は出てきていません。
それもそのはずで「おいしさ」という人の感覚をデータで評価することは難しい。

でも、この文章は次のようにイメージ(置き換え)できるのではないかと思います。
例えば、
「抗酸化物質の濃度が高い
・切った後に時間が経っても変色しにくいリンゴ
・時間が経過しても酸化しにくい揚げ物
・時間が経過しも酸っぱくなりにくいコーヒー

などを食べるということは、そのもの本来の味を味わうということに近く、
これを続けていくと、ヒトの味覚、嗅覚、触覚などの感覚器が変化し、
食物独自(本来)の味わいを感じ取る感覚器に影響を与える」

このよう例えると、少し分かり易くなりませんか?
文中の”これを続けていくと”、と書きましたが、これは私の見解が入っています。
やはり続けるということで身体が変化していくものと思います。

また、例に挙げたりんご、揚げ物、コーヒーなどは
酸化しにくくおいしい状態が長く持続するという例えですが、
やはり、
・切りたて
・揚げたて
・淹れたて
が美味しいのは当たり前で、野菜であれば「獲れたて」

この「収穫するタイミング」もそれぞれの有機農家自身に委ねられています。

美味しさを追求できる産地直送型の有機農家

まとめ

有機栽培を実践する農家からすれば非常にうれしい論文です。

でも、有機栽培ということであぐらをかくことなく

  • 抗酸化物質を多く含むための栽培理論・管理
  • 美味しさを決める「旬、品種、収穫タイミング」

にも再度こだわっていきたいと思わせてくれる論文でもありました。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました