有機農家が直送でお届けする野菜セットに「全く同じはない」

野菜の通販と宅配に関して
帰り際に現れた「2つの虹」。1日の疲れが和らぎます

帰り際に現れた「2つの虹」。1日の疲れが和らぎます

1%(0.01) × 1%(0.01) = 0.0001

この数字は何だと思いますか?

一つ目の1%は、日本全体の農家における有機農家の数。

二つ目の1%は、有機農家の中で少量多品目栽培を行っている有機農家の数。
これについては、正確な値ではなく多少前後するかもしれません。

あくまで概算ですが、こうして考えてみると、
無農薬有機野菜セットを宅配でお届けしている有機農家は、
日本の農家の全体数において「0.01%」。

とても少ないですよね?
なぜこんなに少ないの?

その答えは割と単純なものです。

少量多品目栽培を行い、インターネットで販売する個人の有機農家がどんな人物なのか、
少しわかっていただけるかもしれません。

非効率かつ複雑なオペレーションの少量多品目栽培

無農薬有機野菜セットの宅配はほとんどが、
企業が複数の農家さんと契約して、野菜を一度集めてからセットを組み、
お客様へお届けするという流れです。

有機農家直送の野菜セットは、一人で複数の野菜を育て、収穫し、お届けする。
一人で複数の野菜を育てるということは、とても効率的とは言えません。

例えば、自動車を製造することを想像してみてください。
自動車を製造するとき、部品点数はおおよそ3万点。
その部品ほとんどは、複数の中小企業が製造し、自動車メーカに供給しています。

部品を一つ作るにも、
「研究、開発、設計、製造、品質保証」という複数の工程があります。
こうして、作業を分担することによって、各中小企業は生産効率を上げて、
大量に部品を供給することができるようになります。

野菜の宅配でいえば、自動車メーカは大手宅配サービス会社、中小企業は契約農家
に当てはまります。

ではなぜ、非効率だと分かっていながら少量多品目栽培を行っているのか?というと、

  • 「好きだから」
  • 「全過程を網羅したいから」
  • 「ワクワクしたいから」
  • 「新たな美味しい品種を発見したいから」

ということです。
野菜を育てるときには、それぞれの旬に、毎週バランスよく根菜類、果菜類、葉物類が
お届けできるように野菜セットを想像しながら、年間計画作成を作成します。

  • 品目、品種選定 → 研究、開発
  • ほ場(畑)の回し方検討 → 設計
  • 栽培方法、栽培管理検討 → 製造

ということを事前に綿密に考えたうえで、実際の栽培に移ります。

一品目なら一つの野菜について考えればいいわけですが、
少量多品目栽培では約50品目ほど育てるので単純に×50となります。
品種はさらに多くなりますから、さらに2倍、3倍、4倍と増えていきます。

こうなると、列ごとに野菜が異なる畑になりますから、

  • 一斉に畝を立てたり
  • 一斉に収穫したり
  • 一斉に片付けしたり

という、一斉作業ができません。つまり、非効率。

このように、綿密な計画を立てる必要性があることや生産効率の悪さから、
有機農家の方でも実際に行っている方は少ないです。

でも、なんでそんなことをやっているのか?
というと、先ほど書きました回答になるわけですね。
要するに「好きだから、楽しいから」ということです。

有機農家自身の考え方が「野菜セット」には反映される

野菜セットには、有機農家自身の考え方が反映されます。

どういうことかというと、

  • 栽培理論や栽培方法
  • 野菜セットを誰にお届けするのか(飲食店、ホテル、家庭など)
  • 野菜セットにどのような野菜を入れるのか(珍しい品種ばかりなのか、味を優先しているのか)

など、全てはそれぞれの有機農家に委ねられています。

そうすると、さらに、掛け算を行うことになりますから、
個人の有機農家が行う野菜セットに「全く同じ」はなさそうです。

特に、栽培方法(栽培理論)は有機農家によって大きく異なるポイントでしょう。
どのような理由で、その栽培方法(栽培理論)を選んでいるのでしょう?

  • 美味しさを究めるためなのか
  • 有機農家自身のこだわりによって選んだ栽培方法なのか
  • 石油や石油製品を使わないような方法を選ぶのか

「こだわり」というと私自身は、一つの概念にとらわれてしまっているようで嫌なのですが、
私自身の栽培理論は「美味しさを究めるため」です。
もっとも、無農薬有機野菜セットを直送で宅配すること自体が「美味しさを究める」ために、
行っているわけですからね。

植物生理に基づいて、健康に野菜が生長するためにはどのような理論で育てるといいのか、
という考えを持っています。

やっぱり、「美味しい」がいいですよね?
お客様が、そのご家族が、そして私自身が「美味しい」と食べる。
そうして食べ続けていたら、結果的にそれは環境にもよく、人の健康にもよく、
持続可能な方法でもあった、ということは自然な流れだと思います。

まとめ

  • 野菜セットを販売している個人の有機農家は「好き」でやっている
  • 個人の有機農家が作る野菜セットに「全く同じ」はない
  • 特に、栽培方法(栽培理論)については農家自身で大きく異なるポイントである

お客様からすれば実際に届いた野菜セットが重要なわけですが、
有機農家もこうしていろいろ考えてやってるんだな~というくらいに
捉えていただければと思います。
安心、安全は当たり前です。

タイトルとURLをコピーしました